• 年間850件以上の実績!株式会社まごのての100%出資子会社 面倒な作業は全部MGにおまかせ!

東京近辺でもっとも安心できる不用品回収業者

本日回収可能!粗大ごみや家電

安心作業、安心料金の不用品回収業者

地域限定不用品回収格安プラン|軽トラック満載定額パック

軽トラックに不用品を満載して32,400円

不用品回収の軽トラパックで3万円は高い!1万円程度のとこもあるのに全然お得じゃないとお思いの方ははぜひコチラをお読みください。

原価以下で不用品を回収する業者のカラクリ

サービス提供エリアは下記の通りです。
江戸川区全域、江東区全域、葛飾区全域、墨田区全域、浦安市全域

諸条件

・粗大ごみと袋に入ったゴミ(内容制限あり)の回収のみ。
・階段2Fまで、EVがある場合は5Fまで(タワマン不可、大規模マンション不可)
・リサイクル家電(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、乾燥機)は別途。
・お支払は現金のみ、クレジットカード、分割払い不可。
・時間指定不可(9:00~17:00までの間)ご予約時におおまかな時間はお知らせします。
・搬出時のエレベーター内養生、通路の養生は行いません。

本プランはゴミ屋敷化した部屋のお片付けや要不要選別はいたしません、そのようなご要望がある場合は、ゴミ屋敷片付けの専門会社まごのてへご相談ください。

条件にそぐわない、地域が範囲外という場合でも、とりあえず一度ご相談ください。
03-4405-5421

MGの不用品回収は素早く適正に回収します

不用品回収業務における作業ポリシー

MGはゴミ屋敷片付けや特殊清掃専門業者である、株式会社まごのての子会社です。
主たる業務は、まごのての業務で出た廃棄物の輸送や倉庫内作業を請け負っています。

親会社である、まごのてはお片付けや清掃が専門のため、単純な不用品回収などはMGでたまわっています。

子会社ではありますが、親会社であるまごのての作業基準に則ってるため、たとえ単純な不用品回収といえども他社とはまったく違うクオリティの高さで業務を行います。

また、まごのてグループ最大の特徴は、常にお客様に対して安心と安全でなければいけないということを常に意識しています。
それは、本体のまごのてやMGともに他人のお宅に上がる仕事ですから絶対的な安心感がないといけないのです。


株式会社MGは東京近辺の不用品回収業者では最も信頼でき安心できる業者であると自負しています、現時点ではおそらくどこも真似ができません。

不用品回収最短本日可能|東京・埼玉・神奈川・千葉

ゴミ、お掃除。使えばわかるクオリティの高さ

●不用品回収だけではなくお掃除も一緒に頼みたい
●実は単純な不用品回収ではなくゴミ屋敷化している
●害虫駆除も併せて頼みたい
●引越前のお片付けで要不要選別も頼みたい
●実は人が亡くなった部屋を明け渡したい

はい!大丈夫です。
親会社の『まごのて』との連携で上記のような作業も可能です。

株式会社まごのてはゴミ屋敷片付けや特殊清掃を主軸とする専門の会社です、ですからこのような作業にも対応できるのです。

実際に「不用品回収をお願いします」というお問合せをいただく中で、実に70%もの案件がこのようなことを絡めたご要望となっています。

 

各専門のサイトがありますのでご覧ください

部屋にまつわるトラブルはまごのてグループですべて解決

ゴミ屋敷やゴミ部屋のお片付け

遺品整理

孤独死などがあった部屋の清掃|特殊清掃

水回りや床のハウスクリーニング

ゴキブリや害虫駆除

部屋の消臭や除菌

空き家や実家のお片付け

つまり、MGにお電話1本いただくだけで、お部屋の片付けやお掃除に関することはすべて解決できるのです。

東京の不用品回収

女性のお客様も安心!個人情報満載の書類は溶解処分で流出なし

ダイレクトメールを捨てきれずに溜めてしまった女性

豊島区池袋に住む麻衣子さんは、頻繁に来るダイレクトメールなどを大量に溜めてしまいました。
DMだけでなく少しでも名前や住所が書いてるものはすべて溜めてました、その理由は以前にゴミから流出したと思われるストーカー事件にあったことがあるそうで、それ以降ゴミを捨てることすら恐くて躊躇ったといいます。

それでも以前はシュレッダーにかけたりしながら捨ててたのですが意外と時間も掛かり面倒になって部屋の片隅に溜めてしまうようになったのです。

なんとかしたいと考えてた麻衣子さん、いろいろ検索するうちにMGを見つけてくれ連絡をくれたのです。
こちらから麻衣子さんに提案したことは次の3つ。


1.ダンボールに入れた書類はそのまま処分場に搬入され溶解。
2.不安なら処分場に同行してはどうか?
3.溶解証明書を後日発行。


結局同行はしませんでしたが、このようにキチンとシステム化されてること等を安心材料として評価されダンボール6個分の書類を処分したのでした。

 

不用品回収と言ってたが実はゴミ部屋片付けだった

実はゴミ部屋

千葉県市原市の1Kマンションに住む伊藤さんはMGにお電話をいただき「不用品の回収をお願いします」と言った。

内容はゴミ袋20個のゴミと冷蔵庫と雑誌など数冊、ということでした。

急ぐということだったので翌朝の回収に設定し伺いました、そして玄関を開けると驚くべき光景とバツの悪そうな表情の伊藤さん。

玄関から中を見渡すと多少ゴミ袋に入ったものはあるけど完全なるゴミ部屋でした。
事情を聞いてみると、どうやら点検が近いらしくなんとか自分で片付けていた、昨日も電話をした時には片付け真っ最中だったそうです。

で、ゴミ袋20個はどこから出たんですか?と聞けば、たぶんそれぐらいの袋数になるんじゃないか、という希望的観測でした。(実際はもっと多く目算で70~80袋)

こういう例は稀にあり、詳しく詰めなかったこちらの落ち度もないことはない、ではこんな場合どうするか?

方法としては、お客様が袋詰めを終わったタイミングでまた後日来る、片付け作業から開始する、2通りです。
今回の伊藤さんは時間もなかったこと、自分でやる自信もないことから即日作業となりました。

こちらもすぐにまごのて本体に応援要請をし、なんとか無事に終わらせることができました。

不用品回収依頼だったけど実は不用品回収ではなかった例

千葉市稲毛区のUR団地の不用品回収をお願いしたいという連絡が入った。
3LDK丸々全部ということだったので、規模が大きいため現地での打ち合わせとなり出向きました。

部屋の中を見分しながらお話を聞くとどうやら単純な不用品回収ではなく「遺品整理」でした、この富山さんだけでなく本当は遺品整理なのに、本当はゴミ屋敷片付けなのに「不用品回収」というコトバを使う方が多いのです。

確かに遺品整理が終わり不要となれば、それは不用品回収となるわけですが何も着手してない状態であればやっぱり全然違うものになってしまうのです。

この場合も遺品整理と不用品回収の違いをご説明し、まごのてで施工する手はずを整えました。
もし他の不用品回収業者に文字通り不用品回収作業を依頼していたら、形見の指輪も証券も富山さんの手に渡らなかったことでしょう。

遺品整理が必要ならこちら→まごのての遺品整理サイト


MG,不用品,電話

料金案内をもっと見る

お問い合わせ

引越ごみが想定以上に出てしまった例

引越を翌日に控えた横山さん、梱包も自分で行いいよいよ引越業者が来るのを待つだけと段取りよく進みました。

しかし、ゴミ袋に出来たゴミが12個と大きくはないけどカラーボックスと電子レンジを捨てたいことに気づいたのです、今住んでるアパートのゴミ捨て場はゴミの日でないと出せない、電子レンジとカラーボックスは粗大ごみ扱いだから予約制。

新居に持って行って捨てようかとも考えたけど次の新居は新築マンションで気分的にも持ち込みたくない、最後の悪あがきとばかりに引越業者にも確認したけどトラックにキャパはないと言われ断念。

いくつかゴミを引取ってくれる業者を調べてる中にMGも含まれていました、引越業者が積込してる間に同時進行で行える時間に作業可能と言うことと有名な片付け業者の関連という安心感で気持ちのいい取引ができました。

 

武蔵野市で店舗と倉庫の不用品処分をご依頼いただいた例

不用品回収では本当にお世話になりました。父が営んでいた店舗と倉庫の整理をしなければならないと、ずっと気になっていましたがこれで私の気持ちもすっきりとしました。父は酒屋を営んでおり、昨年に亡くなる直前まで軽トラックでビールの配達をしていました。しかし近年は体も衰え、持病も悪化してきたせいでなかなか思うように仕事をすることができずにいました。
息子の私はサラリーマンをしており、父の仕事を手伝うことはありませんでしたが、父が亡くなるまでの数年間だけは配達の手伝いをするようになりました。
すると父の得意先の方すべて「お父さんには本当にお世話になった」と感謝されることばかりで、父のしてきた仕事の偉大さを感じることができたのです。
父が亡くなる際には酒屋を継ごうとも思いましたが、病院の父には大反対を受けました。そのような中で父が亡くなり、葬儀には父を慕う得意先の方々がたくさん来られて本当にびっくりしました。
父の思いに触れることができて、なかなか整理ができずにいました。しかし私自身が前を向いて歩いていくためにも、整理整頓をして不用品を回収していただく決意をしたのです。

まごのて様にはまったく関係のない私の話もしっかりと受け止めてくださり、とても綺麗にしてくださったことは本当に感謝しています。父の店がなくなってしまったことは寂しくもありますが、次は私が父の意思を受け継いで人に感謝されるようになっていかねばならないと思っています。


そのような気持ちになれたことは、まごのて様が私の気持ちを受け止めてくださったからだと思っています。本当にありがとうございました。

 

食品系ゴミの処分に困ったお客様

涼子さんは実はゴミ部屋を業者に頼んで片付けました。
ところが缶詰などの食品と中身の入ったペットボトルは回収不能と部屋に置かれてしまいました、確かにこのような廃棄物は中間処理場では受付けてもらうことができず回収不能となることが多いです。

ゴミ屋敷の片付けを専門に行ってるまごのてなら大丈夫かも?と考え電話をくれました。この涼子さん、部屋の片付けでまごのてにもメールで相談してた方でした。

せっかくゴミがなくなったのに食品系ゴミが置いてあったらテンションも下がるでしょうと最短で回収日時を設定しお伺いしました、袋にまとめてユニットバスの中に突っ込んであったのですが、なんとユニットバスの中のゴミは残ったままです、部屋もよく見ると床も汚れたままだし細かいゴミもまだ落ちてる状態。

このまま一気にクリーニングもやってしまいませんか?と提案しその通りしました。
涼子さん、これなら最初からまごのてさんにしとけば良かったと終わったあとつぶやいていました。

片付け業者を選ぶ際はどこまでやってもらえるか?を確認したほうがいいという例でした。

不用品の処分でお急ぎの方はすぐにご連絡ください

不用品でお困りの方はお電話ください

PAGE TOP