【実はゴミ屋敷化していた】不登校の引きこもり君

2018/06/23

第一声が不用品回収をお願いします。と言った杉並区の小山様

話を聞いてみると単純な不用品回収というよりもゴミ屋敷化している模様、しかも息子の部屋だけど実は様子がよくわからないらしい、どうも要領を得ないので突っ込んで話を聞いてみると引きこもりさんのようであった。

電話をしてきたお母さんもコワくて何年も中に入ってなっかたが最近頻繁に家の中でゴキブリを見るようになったことと異臭が出てくるようになり相談となったのです。

おそらくゴミ屋敷化しているのではないか?と伝えたがお母さんはそれがどんな状態なのかピンと来なかったようですがメールで参考写真を送り説明しました。

本当は写真を送ってほしかったのですが中に入るのはコワいということで現地調査を行うこととなったのです、約束の日にはご両親ともに居られ私たちの後ろをついてきました。
目的の部屋は2階にあり階段の正面です、ドアの外からもなんとなく異様な雰囲気がただよっており異臭といわれる原因もすぐにわかった。

お母さんに絶対逃げずにしっかり見るように伝えドアを開けました。
開けるとそこはいつものゴミ部屋が形成されており床は完全にコンビニ系ごみや雑誌で埋まっており異臭の原因であるションベンペットも転がっていた。

両親ともに激怒するのかと思いきやオロオロするばかり、問題の本質はゴミだけではなくこのあたりにもある。

この作業では実作業にあたり両親そしてこの引きこもり息子も参加することを条件に引き受けたのです、当日はお母さんにもゴミ詰めをさせお父さんにはションペット抜きをさせ引きこもり君にはできたゴミをひたすら運ばせたのでした。
※このような案件の場合は本体のまごのてでたまわります。

その結果は下記のお礼メールをご覧ください

 

引きこもりの息子の部屋の片付けをご依頼いただいた下高井戸の吉岡さん

まごのて様、私たちの息子のためにご尽力いただき本当にありがとうございました。息子の部屋も本当にきれいになり、息子自身も新しい生活を前向きに検討してくれるようになりました。まごのて様のおかげだと本当に感謝しております。

息子は数年前より不登校になり、自宅に引きこもるようになりました。最初は部屋からでて私たちと一緒に食事をしてくれていましたが、昨年ぐらいからは一歩も部屋から出ないようになりました。

部屋でゲームをし続けており、トイレすらも部屋でペットボトルなどにしている状況でした。部屋を出るように強くいえば大声を出して暴れるようにもなり、福祉の方にも相談しながら対応していたのです。

福祉の方には少しずつ打ち解けていき、「外に働きに出て頑張りたい」ということまで思えるようになりました。そしてこれを機会として部屋の片づけをしようということになったのです。

まごのて様に依頼させていただき、本当に「不用品」ばかりでしたので恐縮でしたが、息子の部屋を本当にきれいにしてくださりました。悪臭も充満しているような状況で、ゴキブリなども発生していましたが、嫌な顔一つせず息子にも優しく接してくださったことは本当に感謝しています。

今では福祉の就労支援のお世話になりながら、社会復帰を目指している状況です。まごのて様が私たちの息子を支えてくださったように思えてなりません。ありがとうございました。

 

【ゴミ屋敷化した部屋を片付ける】何を優先するのかが大事

不用品を処分しキレイにするVSお金に換えたい!

不用品やゴミを処分しようと考えたときに誰もが一度は考えることがあります、それは「買取」です。

確かにお金に変わる物もあります、例えば本やCDなどは状態が良ければたとえ10円にでもなります、ですが買取りを先に考えれば部屋のお片付けは失敗することが多いのです。

買取りに出す物は片付け作業の中で仕分けする

買取りありきで動いてしまうと何もかもがお金に変わるんではないかとの考えが先走ってしまうのです、例えば使い倒した家具も売れるんでは?着古した服ももしかして?古いけど昔貰った鍋も?ってな感じでそれこそお片付けではなくなります。

買ったときに何十万した家具でも無理して買った服でも役目を終えた物に対して未練がましくあれこれ考えるのは得策じゃありません
片付け作業を進める中でもしかしたらと思うなら別にキチンと分ければいいんです、であればもし売れなかったとしてもすぐ処理ができます。

大前提は片付けを進ませること、これ結構重要です。
 

 

ゴミ屋敷状態の部屋を片付けた女性介護士

先日は部屋のお掃除で本当にお世話になりました。とてもきれいになり満足しています。今後は以前のような状態にならないように気を付けていきたいと思います。

わたしは老人ホームで介護職員をしており、ローテーションの勤務で夜勤や早出にも入ります。スタッフはいつも足りない状況で、サービス残業は当たり前のブラック状態です(笑)。

マンションには一人暮らしをしていますが、仕事の疲れがいつも抜けない状態で、ここ数年は調理や掃除もできなくなりました。食事はいつもスーパーかコンビニのお惣菜ですが、ゴミを捨てにいくこともできませんでした。

そんな私のストレス解消法は買い物ですが、買い物することが目的となってしまっていましたので、自宅にモノだけがどんどん増えていきました。気付いたら不用品とゴミだらけの部屋になってしまっていました。もう自分では掃除できないと断念しました。

仲のいい看護婦さんに相談したら、「不用品買取業者に依頼したら、部屋をきれいにしてくれない」と聞きました。それで、掃除も不用品回収もお願いできるまごのてさんに依頼することにしたのです。

不用品も回収していただき、部屋の中がすっきりしてとても満足しています。とてもきれいになり新しい家に住んでいるような気分です。

先日まごのてさんから連絡があって、現在の状況など心配してくださいました。そこまで気遣ってくれるんだと感動しました。まごのてさんにお願いして大正解でした。

※この作業は本体のまごのてで行ったものです


PAGE TOP