引越前片付けの重要性と不用品の処分方法

2018/05/22

引越を成功させるコツは新居に不要な物や汚れ物を持込まない、です。
すなわち引越前にしっかり選別して量を減らす必要があります、間違っても時間がないからとガラクタやゴミを一緒に持って行かないこと。


これをやってしまうと新居がたちまちゴミ屋敷化してしまいます


引越前の事前準備をしっかり行えば行うほど不用品やゴミが出ますが意外とその処分は困ることが多いです、特に粗大ゴミや家電は捨てることが少ないだけに戸惑う方もいると思います、そんな方のために賢い不用品処分の仕方や不用品回収業者に依頼する場合のポイントをお教えします。


不用品を処分する方法は大きくは3つです


1.リサイクルショップなどに売る

2.友人や知人にあげる

3.不用品回収業者に処分を依頼する


ではそれぞれのメリットデメリットを見ていきましょう

1.リサイクルショップなどに売る

比較的新しくて、きちんと動く家具や家電を捨てずに活用する手段として、最も手軽で簡単な方法のひとつがリサイクルショップに売却することです。

ですが何でも売れるわけではなく家電なら完動品でキレイなこと、そして概ね3~5年程度の物、家具は本当に良い物だけしか引取ってもらえないかもしれませんが婚礼ダンスのようにいくら買ったときに高くても中古需要がない物は売れません。
リサイクルショップにも得意分野がありますのでここは家電が強い、こっちは家具が強いといった事前のリサーチをしておくと無駄な時間を使わなくて済みます。

ただ聞くところによるとこの中古市場は品物がダブついていて本当に需要がある物しか買い取ってもらえないようです、気になる買取り価格ですが店頭価格の10%程度らしいです、ですからいくら店頭で1万円で売ってても千円ぐらいにしかならないと思っていればいいです

2.友人や知人にあげる

これはあげようと思ってる人との距離感が大事です、あまり親しくもないのに処分目的で押しつけるような感じになってしまうのはいいことではありません、欲しいと言われたからあげる、が基本スタンスです。

よく似たバージョンで衣類などを被災地に送る、第三国に寄付する、という話も聞きますがこれも止めたほうが無難です、今の世の中人の使い古しもらって喜ぶ人はそういません

1と同じようにネットオークションやフリマアプリで売るという方法もありますがこれは時間のある方やその物が小さいものであれば有効ですがいずれも時間と手間がすごくかかることがデメリットです、引越前の貴重な時間を費やす価値と得れるリターンを秤にかけて結局どっちが得かよく考えてみることをオススメします。

3.不用品回収業者に処分を依頼する

1と2は時間と手間は掛かるけどまったくお金が掛からない方法でした、それどころか多少なりともお金が入る可能性がありましたが不用品回収業者に処分を依頼する方法は一方的にお金が出てしまいます

そして不用品回収業者は下は街中をスピーカーを鳴らして走り回る軽トラから大手引越業者の子会社まで多種多様な会社が入り交じってます、そういう業界には得てして外れも混じってるので細心の注意が必要です

 

選んだ業者本当に大丈夫ですか?不要品回収業者を見極めるポイント

1.実態の有無

例えば何かを買おうとするとき何かのサービスを受けるときに実態の有無を調べませんか?ネット通販で物を買うときでも最終的にはAmazonやYahoo!経由で買うことが多いはずです、これは実際に買ってるのは見たことも聞いたこともない店だけどAmazonが介在してることによってAmazonから買ったという認識になると思います、Amazonの介在なしに直接見たことも聞いたこともないA店から買う場合はちょっと慎重になるか買うことそのものを止めるかもしれませんね。


皆さん本来は慎重なはずなのに不用品回収業者を選ぶときにはこの実態の有無についてはあまりにも無頓着です

本サイトにも書いてますようにサイト内に住所がない、あっても空き地やアパートの一室だったりと事業をしてるとは思えないような場所であることも少なくありません、この実態の有無の調査は後々のトラブルを未然に防ぐことにもつながりますので行ったほうがいいでしょう

不用品回収業者を利用した方158人のリサーチ結果です(2017年8月~2018年2月)

不用品回収業者を選ぶ際に重要視したポイントはなんですか?


①料金面 ②日程 ③買取可能か?

①の料金面と答えた方がおよそ80%にあたる127名もいました


さらに料金面を掘り下げてみるとこんな結果になりました

①安いこと ②追加請求がないこと 

料金面を重要視した全員がこの2つの項目を選考ファクターに入れていました

ではほとんどの方が重要視する安いというファクターですがではいったい何を基準に安いと判断するんでしょうか?
 

不用品回収料金の決まり方を徹底解剖!

どんなビジネスでも原価というものが存在します、この原価に対して利益を乗せて売価となるのです、これは町のパン屋でもビルの建築でもすべて一緒です

不用品回収業で必要となる原価は概ね下記のようなものです


①処分費 ②人件費 ③車両などの運搬費 ④事業運営にかかる経費

ずばり①と②がすべてです、この2つが一番経費がかかります

分かりやすい例を説明します(処分原価がはっきりしてるもので説明)

冷蔵庫と洗濯機の処分を依頼した場合に掛かる想定原価

処分費およそ8000円 ※家電リサイクル法で定められた料金
人件費 5000円程度 ※時間いくらというより1ヶ月いくらの社員を使ってると仮定した場合ひとつの現場単位の人件費を割り出すのは難しいので同じような業務を1日数件こなすとしそれを按分する考え方で算出
その他 1000円 ※車両費や移動費など細かな経費


合計原価:14,000円前後    想定売価:17,500円~21,000円(税別)
※原価に対する粗利率は会社規模や方針で変わりますが会社規模が大きくなればなるほど掛け目が大きくなると思います

つまり14000円を下回るようであれば何か違法なことをしてる可能性が高く21000円を超えるようであれば高いと判断できるんではないでしょうか?

不用品回収業者における違法な行いとは?

1.不法投棄 2.不当請求

もうこの2点しかありません!

1.不法投棄とは?

不法投棄とは山や空き地またはマンションなどのゴミ捨て場に不法にゴミを捨てることです、この不法投棄は近年増加の一途を辿っており小さくは個人や不用品回収業者、大きくは解体業者や建築業者などが行っているようです。

 

不法投棄

これは明らかな犯罪行為で不法投棄は検挙された場合意外と重い刑罰が待ち受けています

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条第1項第14号」に違反することになり【5年以下の懲役/1千万円以下の罰金または併科】が設けられています。
 
これ個人が廃棄物処分場として決められていない場所に廃棄物を捨てる場合です。また、未遂の場合も処罰の対象になります。

法人が業務上で関わる産業廃棄物を不法投棄した場合は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第32条第1号」により【法人に対して3億円以下の罰金】に処されます。
 
例えば、工場で出た廃油を川に投棄(この場合、水質汚濁防止法違反が問われる可能性もあります)したり、悪質な廃品業者が回収した廃品を不法投棄したような場合などがこれに値します。


不法投棄が検挙されるきっかけ

不法投棄された廃棄物の中にある情報から不法投棄が誰によって行われたかが発覚する場合があります。最も分かりやすいものが住所や氏名などの個人情報です。意外にもこれらが廃棄物の中に入っており発覚し逮捕されるケースもあります。

どうして不法投棄を行うのか?

先ほど示しました原価の中で処分費の占める割合が大きいからです、先ほどの例で見ますと売価の最高と思われる21000円に対して8000円もの処分費が掛かってます、リサイクル家電ならおよそ40%を占めます。

つまり利益を厚くしたいから不法投棄をするという図式です


ここで考えていただきたいのは不法投棄は実行する者が悪いのですがその風潮を作り出してるのはエンドユーザーの意識ではないかということです

不用品回収を業者に依頼することを検討する80%もの人が料金を重要視しそれは安ければ安いほどいいという考えに基づいてます、当然市場の原理としてそこにニーズがあるのですからそれに応えようとする動きが当然出ます、A社が5000円と言ってるのだから自分のところは4000円にしよう、というものですがこれがキチンとした枠内で競争してるのなら全く問題ありませんがこのようにはみ出した考えで運営しエンドユーザー側もどうせ捨てる物だからと軽く考えてることがこの風潮を生み出してる一端ではないかと思うのです

海外に輸出したり部品を取り出す行為は不正処理


不法投棄とよく似た方法として第三国に不正に輸出したり部品取り品として流す行為も違法となる場合があります、不用品回収を業者に依頼する場合はどこにどんな方法で処分するのか、また証明は出るのか?細かくチェックすることをオススメします

2.不当に料金を請求する

不用品をとりあえず家からトラックの近くに運び出したタイミングや、完全に積み込んだあとのタイミングで提示料金以上の金額を請求する業者がいます、なんだかんだと適当な理由をつけることが多いです。

ひどいのになるとさっきの料金は処分費であって作業費は別といった輩もいます


家から出てトラックに載った後にこのようなことを言われ「料金に納得がいかないから戻してくれ」と言いづらくなりますし、「元に戻すには料金が必要。それが嫌ならお客様自身でお願いします」と言われれば、根負けして当初の提示料金を支払ってしまうでしょう。

安い業者を探していたのに結局高い業者を掴んでしまった典型例です


これらを未然に防ぐにはどうすればいいでしょうか?

作業前に料金を確定してもらい追加がないことを確認する(できれば書面でもらう)

たったこれだけのことです、もしそれは出来ないと言われたら発注しないでお引き取り願うのが無難です

他のサイトで複数社から見積りをとることを推奨してますが単純な不用品回収で現地を見ることはほとんどなく電話で事足ります、逆にたいした量でもないのに見に行かなければわからないという業者は他の目的があるかもしれないので注意が必要です

 

東京近辺で不用品回収業者をお探しなら

株式会社MGにお任せください
 

不用品回収なら株式会社MG


 

不用品回収対応地域 

東京都

<23区>港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

<23区外>
稲城市国立市小金井市国分寺市小平市狛江市立川市多摩市調布市西東京市府中市町田市三鷹市武蔵野市

神奈川県

<横浜市>中区・磯子区・金沢区・西区・南区・港南区・鶴見区・神奈川区・戸塚区・泉区・瀬谷区・保土ケ谷区・旭区・港北区・都筑区・緑区・青葉区・栄区

<川崎市>多摩区・麻生区・川崎区・幸区・中原区・宮前区・高津区


千葉県

<千葉市>中央区、稲毛区、美浜区、花見川区、緑区、若葉区


市川市船橋市習志野市八千代市浦安市、市原市、松戸市野田市柏市流山市我孫子市鎌ケ谷市、佐倉市四街道市白井市印西市成田市八街市富里市

埼玉県


<さいたま市>西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、緑区、桜区、岩槻区
 
川口市蕨市戸田市、 上尾市桶川市北本市鴻巣市伊奈町朝霞市新座市志木市和光市富士見市ふじみ野市三芳町春日部市草加市越谷市八潮市三郷市吉川市松伏町、 所沢市

 

【お金がなければ自分でやるしかない】

これはまごのてが保有する人気ブログからの抜粋です。

3月も中盤戦に差し掛かりかなり切迫した様子の電話が増えてきました 例年のこととはいえ4/2の引越予定で引越屋の手配すらできてないなんてのは致命的ですよ 4/2.3は日本中の引越屋の最大ピークです。


「引越を控えておりその関係で予算が足りません」「○○なんでお金がありませんがなんとかしたいです」「1万円でできませんか?」

まあいろいろ事情はあるんでしょうけど要はお金がないけどなんとかしろ、なんて虫のいい話は到底飲めないのです、手元にお金がない分割で払える見通しもないでも片付けなきゃなんないとなれば残る道はただひとつ。

自分でやるしかない!


レベルにもよりますがやれないことはない、ただしひじょうに時間がかかりますし期限が迫ってる場合はどうしょうもないかもしれない、でもかつて転勤が決まってたけど会社辞めてその後1年掛けて部屋を片付けた猛者もいますww

自分でお片付けするポイントは何度も言うように小さく区切る、です。何故思うようにはかどらないかというと「ゴールが見えない」からです、1m四方でも畳1枚分でもいいとにかくやれそうなエリアだけ徹底的にやる、それを終わるまで繰り返す、6畳でも5~7日もあれば終わるよ。

自分でやれば自信もつくしもう繰り返すこともない、元々自分が散らかしたんだから自分で始末するのが道理だと思います。

逆にどこかに頼むしかない、と腹をくくってる方は悪あがきしないでサッサと頼んで早くやっつけたほうがいいです、まともなとこは空きがなくなっちゃうよ。


メニュー

会社情報

特殊清掃専門
◇株式会社MG
東京都江戸川区北葛西5-23-10
03-4405-5421

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

 

お問い合わせ

PAGE TOP